株について説明する女性

株スタートガイド

誰しも最初は初心者で、右も左もわからなくて当然です!知っている人には当たり前なことも知らない人には理解できません。株を始める、株を知るにあたり当サイトがお役に立てればと考えています。

株の基本的な構造

株の基本的な構造としては、市場で購入をしたい投資家が多いほどに価値が上がっていくことが挙げられます。
上場企業では投資家に対して配当や優待制度などを実施することで、株主還元を行っています。
これらの還元においては、企業の業績が良くなるほどに手厚くなる傾向があります。
したがって、企業の業績が上がる期待があるほどに、対象企業の株を購入したいという投資家が増えることになってきます。
また、多く投資家が株を購入することで、投資家のキャピタルゲインが増えることも同時に起こってきます。
その結果として、業績期待のある企業へ投資をした人では、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を手にすることが可能となってきます。
しかし、株というのは値動きに先行性がある特徴があります。一般的には6か月程度先の企業の状況が折り込まれていると言われています。
そのため、直近の企業の業績については、株価にすでに折り込まれているということが多いです。
したがって、企業の業績は今後の半年から1年といった先の状況を見越して考えることが重要となってきます。
また、株の値動きは企業の業績以外にも、様々な要因によって左右される面も出てきます。
まず、全体経済の状態によって左右されることが起こり得ます。
好況の時は上昇相場となることが多く、逆の時には下落相場となることが多いです。
また、需給要因によっても株価が左右されることが起こってきます。
国の金融政策が緩和傾向となっている時には相場が上昇しやすく、金融引締めが起こると相場が下落しやすくなってきます。
さらに日本の市場では為替が円安傾向となると相場が上昇しやすく、円高傾向となると相場が下落しやすくなっています。

株取引を始める前に

株取引を始める前には、様々な準備をしておく必要があります。
取引を始めてから覚えることもたくさんありますが、事前にしっかりと準備をしていれば実際に取引を始めた時に収支が変わってくることもありますから、準備をしっかりしておくようにしましょう。
まず、取引を始める前の心構えとしては大きく勝つことを狙わずに、堅実に利益を出すことを第一に考えることが大切です。
端からギャンブルと割りきって少額の資金を大きく増やそうと考えるのも悪いものではありませんが、これはどちらかというのある程度投資に慣れている人がリスクを取ってリターンを得ようとする時に行うものであり、初めての人が取るにはあまり向いていない方法となります。
そのため、最初のうちは儲けようとするのではなくできるだけ損をしないように気をつけながら、その上で利益を出すことができそうなタイミングをはかって取引をするということを頭に入れておくことが大切です。
次に取引をするための証券会社の口座の準備ですが、これは各証券会社の比較をした上で評判などを参考にして口座の開設をすると良いでしょう。
各社それぞれ特色があり、取引スタイルによっても使いやすい証券会社は変わってくるのでそのような部分をしっかりとチェックすることが大切です。
証券会社の口座開設にはお金がかかりませんから、最初の段階でメインで使うものとサブで使うものを作っておくなどすれば、実際に取引を始めた時に使いづらさなどを感じた時でもすぐに乗り換えをすることができるので便利です。
株取引というのは今では簡単に始めることが出来るようになりましたが、お金がかかるものだけに始めるのであればしっかり準備をしておきましょう。

株っていくらから買えるの?

株式投資は比較的初心者にも勧めやすい投資の方法であると言えます。
その理由の一つに投資に必要な金額が比較的低いという点にあると言えるでしょう。
株価の高い銘柄も存在していますので全ての銘柄が購入しやすいということではないのですが、比較的購入しやすい価格帯の銘柄が数多く存在しているのも特徴の一つです。
資金が多ければそれに合わせて購入できる銘柄が増えるというメリットがありますが、少ない資金でも様々な選択肢がある状況は変わりません。
ケースバイケースですが数万円もあれば投資価値のある株式の銘柄を購入することが出来る場合もありますし、投資信託による株式投資であれば月々一定の金額で投資を行うことも出来ます。
従って投資資金に応じていくつかの選択肢を取ることが出来る仕組みになっていると言えるのです。
その中には少額での投資が出来るケースが少なくなく、多くの人にとって魅力な投資先となるものであると言えるでしょう。
なお、株式の銘柄の中には市場価値が非常に落ち込んでおり単元当たりの株価が非常に小さなものもありますが、その様な株式には一般的に言って投資価値が無く、ギャンブルの様な位置づけになる場合が多いと言えるでしょう。
その様な銘柄については安い資金での購入をすることが出来るには出来ますが、決してお勧めするものではありません。
あくまでも市場価値のある銘柄の中で成長の可能性のあるものを探し出して投資するというスタイルが株式投資であると言えるでしょう。
そのため少ない資金でギャンブルの様にトレードを行うことが出来る銘柄も存在はしていますが、余り検討に値するものではないのです。
その点については理解しておく様にしましょう。

▼最新の仕手株をチェックして買って見よう
最新の仕手株銘柄